引っ越し見積もりを一括でプロが代行してくれる

引っ越しの見積もりをとるならいつが一番良い?いつでも見積もりはとれるの?

引っ越しの見積もりをお願いするベストタイミング

 

引っ越しをすることが決まった、
あるいは引っ越しをすることになりそうというときに気になるのが、
引っ越し業者はどこにしたら良いかという事です。

 

 

ただ、いつごろ見積もりをお願いしたら良いのか、
どういうタイミングでどういう風に見積もりを依頼したら良いのか、
そういうのが分からなくて不安になることがあります。

 

 

引っ越しの見積もりを依頼するとき、
基本的に引っ越しを予定している日から1〜2ヶ月前から
引っ越しの見積もり依頼が可能です。

 

 

これは引っ越し業者によってまちまちで、
いつごろから受付可能というのは定まっていません。
ただ、1ヶ月前であればどこでも受け付けてくれます。

 

 

日本通運などは2ヶ月前ぐらいから受けてくれます。
サカイ引越センターはは2ヶ月前から対応してくれます。
赤帽は1ヶ月半前と案内しています。
アート引越センター(0123)は混み具合によると言ってます。
ヤマトホームコンビニエンス(クロネコヤマト)は見積もり希望日の2日前という感じでちょっと主旨と違います。
SGムービング(佐川急便)は見積もり希望日の3日前までにと、ヤマトと同じ感じです。
アリさんマークの引越社は記載無し。
アーク引越センターは記載無し。

 

 

大手であってもまちまちでなかなか分かりにくいです。
でも、基本的に1ヶ月前と覚えておけば大丈夫です。
問題は逆にどれぐらいまで受け付けてくれるのかって話です。

 

 

殆どのケースで3月下旬から4月上旬は相当厳しいです。
引っ越しが最も立て込む時期なので、
目の前の引っ越しについて見積もりを依頼しても受けてくれないケースが増えてきます。

 

 

一方で、引っ越しが暇な1月2月であれば、
少々の無理でも空いていれば受け入れてくれます。
そういう意味では早めでも遅めでも空いてれば何とかなります。

 

 

ただ、引っ越しに余裕を持って見積もりを依頼する場合と、
差し迫った状態で見積もりを依頼する場合、
その見積もりの費用に大きな違いが出やすいです。

 

 

引っ越しの費用はもちろん「荷物の量=トラックの大きさ」に左右されます。
ただし、そのトラックが空いているのかどうか、
スタッフがいる(空いているチーム)のかどうか、
他の引っ越しスケジュールはどうなっているのか、
これらによって見積金額代わります。

 

 

早めの見積もりだと「早割」を設定しているのが
ヤマトホームコンビニエンス(クロネコヤマト)で、
14日以上前のお引越の場合1000円引きというのをやっています。

 

 

ただ、これだけでなく早めの見積もり依頼ですと、
全体的に引っ越し自体に融通が利かせられやすいため、
見積もりの料金も安くなりやすいです。

 

 

これが引っ越しが直近であったり(融通が利きにくい)、
繁忙期だった場合は料金よりも予定を整える方が優先されやすいです。
それでも早めに予定をたてた方が料金的にも予定的にもやりやすいです。

 

自分の状況に合わせて相談しながら見積もりがとれるサービスが生まれました

引っ越しの見積もりをお願いするベストタイミング

 

引っ越しの見積もりは早めの方が何かと都合が良く、
出来れば1ヶ月ぐらい前から検討したいところです。
ただ、いざ見積もりをとろうと思ったときにどうすれば良いか分からなくなることがあります。
いろいろと調べてみて、
一括見積もりサイトが良いと分かっても、
同じぐらい一括見積もりだと電話連絡とかが来て大変っていうのも目にします。

 

 

そうこうしている間に時間がどんどん過ぎるのですが、
これは引っ越しについて相談出来る人がいないために起きやすいです。
こういう状態を少しでも改善出来ないかと生まれてきたサービスがこれです↓
嵐のような電話攻撃を受けない引越し見積もりサイト【引越しラクっとNAVI】

 

 

ここも無料一括見積もりサイトなのですが大きな特徴があります。
それは自分の代わりにサポートセンターが引っ越し業者とやりとりをしてくれる点です。
自分はサポートセンターの人とやりとりをして、
センターの人が必要な情報を聞き出してくれます。

 

 

そして、その後、その情報を元に「引っ越し業者が求める情報を整理」し、
こちらの希望にあった業者に見積もりを依頼してくれます。
こういうかゆいところに手が届く系のサービスは今までありそうで無かったです。

 

 

一括見積もりサイトというサービスが普及してきて、
その中での問題点が明らかになってきたので、
それをフォローするようなサービスが漸く出てきた感じです。

 

 

ここであれば、こういう状況なんだけどどんな感じに見積もりを依頼すれば良い?
という風に相談することも出来ます。
引っ越しは一人で引っ越しても家族で引っ越しても、
なぜか業者とやりとりをするのはひとりぼっちのケースが多いです。

 

 

サポートセンターはそういう人の味方になってくれ、
必要なフォローをしてくれるサービスを提供してくれます。
引っ越しのことはよく分からないけれど、
とにかく始めないといけない人にはぴったりです。
気になる場合は詳細をこちらからチェックしてみてください↓